家造りやリフォームの参考に!モデルハウスに関する情報や知識を紹介します

家の購入を検討する際に重要となるポイントとして、実際に暮らしてみたイメージを明確化することです。
賃貸と違って家を建築する場合、実際の生活とイメージが異なる場合があります。
食事の配膳から食器洗い迄の導線がイメージと異なっていたり、選択から干す工程で障害物があって気になったりなど細かなことの積み重ねがストレスになりかねません。
このようなギャップを埋めてくれるのがモデルハウスという存在で、実際に見てイメージができます。

家造りやリフォームの参考に!モデルハウスに関する情報や知識を紹介します

モデルハウスは、実際の住宅のイメージを展示しているもので色々なニーズに沿った立て方をしているものです。
新築だけでは無くリフォームタイプのモデルハウスもあるので、実際の家とは異なる建築様式になっています。
例えば水回りに特化したものや、様々な蛇口を展示しているものなどがあって実際に見比べて検討することが可能です。
ほかにも特殊な建築材を用いていることをアピールするものや、生活環境の導線に特化して紹介するものもあります。

モデルハウスを見学することのメリットとは?

モデルハウスを見学するメリットは、家の広さや天井の高さを体感できることです。
ネットやカタログに記載されている面積の数字だけでは、具体的なイメージができません。
また部屋の広さは天井の高さとも関係しているので、モデルハウスに行って体感してこそ理解できます。
同じように体感できるものの一つに、住宅の性能があります。
住宅の防音性能は、文字や動画などの情報だけではわかりません。
離れた部屋の音がどれくらい聞こえるのか、2階で走り回る子どもの足音が1階にはどう響くのか、これも体感してみなければわからないでしょう。
モデルハウスは住宅性能も機能も実際に建てる家と同じなので、機能性や性能を知りたいときにも有用です。
モデルハウスに行く最大のメリットは、具体的な暮らしのイメージができることです。
広さや天井の高さ、性能なども同じですが、備え付けられている設備や家事の動線も体験して確かめられるので家づくりをするなら必ず行きましょう。

モデルハウスに行くときに持っていくべき持ち物

家づくりのヒントとなるアイディアやデザインなどが豊富でとても参考となるモデルハウスは、ぜひ一度は足を運んでみたいところです。
特に住宅展示場などの大規模な施設であれば、多くのハウスメーカーのモデルハウスをわたりあるいてチェックしていくことができますので、家族の休日お出かけスポットとしてもおすすめです。
手ぶらで立ち寄ることもできますが、せっかくの見学であれば持ち物を準備して出かけると、更に効率よく資料を集めたりアイディアや取り入れたいポイントをチェックできます。
ぜひ持っていきたいのはたくさんの画像を撮影できるデジタルカメラです。
スマートフォン内蔵のカメラでも良いのですが、安価なもので良いのでモデルハウス見学専用のカメラを準備しておくと、取りまとめた画像を後で整理することが簡単です。
資料やパンフレットを綺麗に収納できるクリアファイルや大きめのバッグ、メモをとるための筆記用具もあると便利ですし、多くのモデルハウスをわたり歩くこととなるため歩きやすい靴や動きやすい服装もベストです。
しっかりと持ち物を準備して、楽しく見学をしていきましょう。

モデルハウスの見学は予約をしたほうが良いのか?

モデルハウスを見学するにあたっては、予約をすることでいろいろなメリットがあります。
予約をすればハウスメーカーなど業者の専門スタッフが付いて丁寧に案内をしてくれます。
住宅展示場はたくさんのモデルハウスが並んでいるので、自分で行くとどう巡れば良いのか難しく感じる人もいるでしょう。
スタッフがいれば効率良く回れるので時間を無駄にせずに済みます。
そして専門的な説明を聞けるので、情報収集もできます。
住宅設備や構造の説明などは家造りの参考になるに違いありません。
さらに、注文住宅にしろリフォームにしろ何かと疑問に感じる点は多いはずです。
スタッフがついていれば、分からないことや質問もしやすいです。
そのままうやむやにせずにその場で聞けるのもメリットと言えます。
スタッフとの人間関係を築くことで、その業者と契約をした場合に後々も力になってもらえるでしょう。
気の合うスタッフと良い関係を築くことが、家造りの成功にもつながります。

モデルハウスを回るときにチェックすべき事項

モデルハウスを回る場合には、間取りや日当たりの良さ、そして水回り等をチェックすることが重要なポイントです。
多くの住宅メーカーがその良い点ばかりをアピールしようとすることが多いため、様々な独自のデザインやオリジナルの工法など、非常に目につくところが多いのが特徴です。
しかし実際には進む上での快適さなどを自分なりに考慮し、そのポイントを確認することが重要となっています。
間取りはそれぞれが異なる特徴を持っていますが、動きやすさや部屋を見たときの見栄えなど、自分なりの視点で見ておくことが良い方法です。
日当はモデルハウス自体が最も効果的な位置に立てられていることが多いのですが、実際に家の中のどのあたりまで太陽の光が差し込むのか、窓の大きさなども確認しておくことが重要です。
水回りは毎日頻繁に利用するところでもあるため、実際に水を流してみてその排水の具合や水はねの状況など、細かなところに目を配っておくことが重要なポイントとなります。